外科(診療部)

TOPICS

外来で、成人の鼠径ヘルニア(脱腸)、臍ヘルニア(ヘソ)の専門外来を始めました。
外科の外来窓口で、予約(14:00~16:00)を受付ております。

担当医師

院長 栗原 英明 (日本外科学会認定 外科専門医・指導医)
(日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医)
外科科長兼消化器外科科長 横田 徳靖 (日本外科学会認定 外科専門医)
(日本消化器外科学会専門医)
(日本消化器病学会専門医)
(日本消化器内視鏡学会認定 消化器内視鏡専門医)
医長 瀧  徹哉
医師 平本 悠樹  今北 智則  佐々木茂真  山本  尚  鈴木 博昭
木下 智樹  萩原  慎  吉澤 穣治  栗原  健  岩崎 泰三
春木孝一郎

担当領域の紹介

上記14名の医師で外科および消化器外科(内視鏡)外来・入院、手術・検査の診療を担当しております。

[専門分野]

栗原 英明: 肺、乳腺、消化器
横田 徳靖: 消化器
瀧  徹哉: 消化器
平本 悠樹: 消化器
今北 智則: 外科一般
佐々木茂真: 外科一般
山本  尚: 乳腺、消化器
鈴木 博昭: 内視鏡検査
木下 智樹: 乳腺
萩原  慎: 血管外科
吉澤 譲治: 小児外科
栗原  健: 内視鏡検査
岩崎 泰三: 内視鏡検査
春木孝一郎: 内視鏡検査

特徴

〔外科の最近の傾向および現況〕

近年、低侵襲の手術、内視鏡機器による手術が急速に普及しつつあります。このことによって、入院期間も短くなり、術後の疼痛も緩和されます。当院では積極的に低侵襲の手技を取り入れています。また、入院中の経過はクリニカルパスの使用により、患者さまが治療に対して理解しやすいように努めています。

  • ◆平成23年は1527件の胃内視鏡検査(うちポリぺク・EMR16件、EVL・EIS10件、PEG増設・交換17件、ERCP・EST・ERBD28件、TBLB17件など)、761件の大腸内視鏡検査(うちポリぺク・EMR191件など)を実施しました。
    前東京慈恵会医科大学内視鏡科教授 鈴木博昭先生の内視鏡検査日を毎週月曜日に行っております。内視鏡診断、治療の向上を目指しております。
  • ◆ヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)は胃・十二指腸潰瘍、胃炎そして胃がんの危険因子とされている細菌です。当院では内視鏡下生検で早急に診断が可能です。胃・十二指腸潰瘍ではピロリ菌陽性例に除菌療法を行うことで、再発はほとんどなくなりました。
  • ◆胆石症の腹腔鏡下胆のう摘出手術、自然気胸に対する胸腔鏡下の手術では、痛みも少なく早期退院が可能です。
  • ◆外科手術は胃がん、大腸がん、乳がん、ヘルニア、胆石症が主体でした。胃・腸疾患でも腹腔鏡下手術が行われつつあります。
  • ◆がんの術後化学療法に関しては、EBMに基づく治療マニュアルを作成し、ガイドラインを参考にしながら適切な治療を行っています。
  • ◆鼠径ヘルニアの手術は、術後疼痛と再発の少ない、plug法やKugel法による治療を行っています。軽い痔核に関しては、入院をせずに治療できる結紮術を外来で行っています。
  • ◆毎週水曜日、土曜日の午前中に乳腺外来を行っています。乳がんの検診に関しては、毎日行えます。マンモグラフィによる画像診断が可能で、マンモグラフィ検診精度管理中央委員会の実施する試験に合格している医師が画像診断を行います。
  • ◆金曜日の午前、血管外科の特殊外来を行っています。下肢静脈瘤や閉塞性動脈硬化症、難易度の高い透析シャント等の疾患に関して、専門医が診療に当たりますので、御相談ください。
  • ◆毎週金曜日の午後、小児外科の特殊外来を行っています。ソケイヘルニアをはじめ、小児特有の疾患に関して専門医が診療に当たりますので、御相談ください。小児外科におきましても、小児用の機器をそろえて積極的に腹腔鏡下手術を取り入れています。
  • ◆潰瘍性大腸炎は原因不明の炎症性腸疾患であり、難病認定を受けている病態であることはご存知のことと思います。治療は副腎皮質ステロイド、ペンタサやサラゾピリンを用いて、通常内科的治療を試みますが、緩解に至る効果を認めることに難渋する症例も少なくありません。
    当院において消化器外科、腎疾患専門診療部と共同で人工透析用の体外循環回路を応用した白血球除去療法(Leukocytaphereis)を確立いたしました。本治療はすでに健康保険にも適応され、有効な治療法のひとつであると報告されております。先生方の担当されている患者さまの中に治療に抵抗する潰瘍性大腸炎の症例がございましたら、是非、ご紹介いただきたいと思います。ご紹介いただく担当科は消化器外科でございます。
  • ◆開放型病院の使命として、登録された外科医による手術とレジデントの指導を歓迎いたします。実際に登録医の先生による内視鏡検査や手術も行われています。当院常勤医が全面的にサポートいたします。内視鏡検査、手術に関しては見学、実施、修練などを手がけておりますので、ぜひとも申し出ください。
  • ◆当院では、平成23年1月1日から一般社団法人National Clinical Database(NCD)が、日本全国の病院で行う外科手術・治療データベース事業に協力しております。
    この事業は、患者さんに向けたより良い医療を提供する上で重要な医療の現状を把握し、体系的に登録された情報を分析し、医療の質の改善に向けた検討を継続的に行うものであります。
    この症例登録は患者さんご自身から直接同意をいただかずに実施されますが、登録される情報の内容は、それ自体で患者さん個人を容易に特定することはできないものですが、患者さんに関わる重要な情報ですから厳重に管理されます。なお、患者さんの自由な意思で参加を希望されない場合にはデータ登録を拒否して頂くことができます。登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。 詳しい内容は、NCDのホームページ(http://www.ncd.or.jp/)をご参照いただくか、当院の登録事業代表者 外科 栗原英明までお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ